バストアップサプリメントと生理や不妊症に対する影響について

バストアップサプリは一昔前まで、いかがわしいというイメージを持っている人が多かったかもしれませんが、今では芸能人やモデルさんが次々と愛飲を公表していたり、雑誌でも掲載されているため美容サプリと言うくくりで誰でも気軽にバストアップできるアイテムとして人気があります。

 

バストアップサプリに配合されている有用成分が女性ホルモンの分泌を活発にすることで胸の成長につながるわけですが、一方で副作用が気になるところです。

 

よく耳にするのは、「バストアップサプリメントで不妊症になる」というネガティブな噂でしょう。

 

バストアップサプリと女性ホルモンは密接な関係があることは冒頭にお伝えした通りですが、不妊症になると言われる理由としては、エストロゲンの低下があります。

 

というのも、サプリに配合されているプエラリアは非常に強いエストロゲン様作用があります。

 

エストロゲンは自分自身でも分泌している女性ホルモンです。その分泌する能力が低下してしまう恐れがあるのです。
それが原因で排卵や月経の乱れに繋がってしまうことがあり、しいては不妊症を招いてしまうというわけです。

 

ですが、バストアップサプリメントを摂ることがダメなわけではありません。

 

むしろ、サプリでホルモンバランスが安定し、生理痛なども緩和されたという人もいます。胸を大きくしたいからといってたくさん飲めばよいというものではなく、一日の摂取目安がありますのでそれを守りつつ服用するようにしましょう。

 

ちなみにぷるるん女神は、一日のプエラリア摂取量は100mgと低配合なため安心感があります。もちろん効果も抜群だと人気です。