産後の垂れを防ぐにはバストの変化に応じて形をキープし支えてくれるブラジャーを着用するようにしましょう

ぷるるん女神

妊娠した女性のバストは、授乳の準備に向けて大きさや形が変化していきます。

 

前に向かってバストアップするのではなく、バストの下半分から脇にかけ増量し周りのサイズに影響するため、妊娠前と比べると同じカップでも容量が違います。

 

妊娠2か月頃から乳腺はどんどん発達して脂肪が付き、出産と同時に母乳が出るように大きくなっていきます。

 

出産後2〜3日が最も大きくなっており、授乳期に入って乳腺脂肪が徐々に減り始める頃が下垂しやすい時期です。

 

通常のブラジャーはバストを形よくキープするように作られています。

 

乳腺が発達し、敏感になっているマタニティのバストはデリケート。

 

バストサイズが変化しないという前提で作られたブラジャーを着用すると押さえつけてしまい、型崩れの原因となってしまいます。

 

出産・授乳後にバストが垂れるのを防ぐには、妊娠初期からの変化に対応できるマタニティ用のブラジャーを着用するのがおすすめです。

 

授乳真っ最中のバストは母乳を作って備蓄し、赤ちゃんが飲むとしぼむことの繰り返し。

 

赤ちゃんが飲む量より多めに作られ、絞れば余計に作られます。

 

産後の垂れを防ぐには母乳の量を調整し、バストの変化に応じて形をキープし支えてくれるブラジャーを着用するように心がけましょう。

 

形を崩さないように妊娠中から気をつけることが重要です。

 

妊娠初期からのバストの変化に対応し、垂れを防ぐことが大切ですが、垂れてしまったバストをバストアップし元に戻すためには、栄養のバランスを考えた食生活を送ることが大事です。

 

出産後は全身の筋肉が緩んでいますので負担がかからない程度に運動するように心がけましょう。

 

母乳が作られなくなり何もしないと衰えていく乳腺を刺激するための軽いマッサージもバストアップに効果的です。

 

からだが元気になるにつれホルモンのバランスも整い、女性ホルモンの分泌を促してバストアップにつながります。