授乳後は乳腺が小さくなるので必然的に小さくなる

赤ちゃんに母乳をあげると、バストが萎んでしまったという人は少なくありません。

ぷるるん女神

 

卒乳後にバストが萎む理由は、授乳期を終えて母乳を出すという大役を終えたバストは、乳腺が小さくなります。

 

それに伴って周りの脂肪も萎んでいくため、卒乳後にはバストが萎む理由となっています。

 

バストの膨らみを形成している胸の脂肪は、本来乳腺を守るのが役目で、出産後母乳をあげることで乳腺が発達し、バストの膨らみを作る脂肪も発達していくため、授乳期にはバストアップします。

 

しかし卒乳後には、母乳を作る必要がなくなるため、乳腺はどんどん小さくなり、脂肪も小さくなっていきます。

 

さらに、卒乳後には、バストが萎むだけでなく垂れてしまうこともあります。

 

授乳中には脂肪や母乳によってバストが重たくなっていますが、下着をつけないなどの理由から支えがなくなり、バストは重力に逆らうことなく垂れてしまいます。

 

そこでバストアップに大切なのが卒乳後のバストケアです。

 

卒乳後にバストが萎んだり垂れてしまうのは仕方のないことですが、適切なバストケアを行うことでバストアップすることはできます。

 

まずバストアップの基本は、マッサージです。

 

萎みきったバストと垂れて伸びてしまった靭帯を活性化させるには、バストマッサージが効果的です。

 

さらにマッサージと併用して、バストクリームを使用することで、効果的にバストの萎みを解消することができます。

 

またバストアップサプリメントも、バストを戻す作用が高く、バストアップに必要となる女性ホルモンの一種であるエストロゲンを活性化し、ハリのあるバストに戻してくれます。
マッサージだけではバストを大きくする効果はそれほどありませんが、クリームやサプリメントと併用することで、より高い効果が出ます。